スカイマークの特徴と上手な活用方法

チケットを安く

スカイマークは日本の航空会社で、JALやANAなどの大手航空会社よりも路線や就航都市が少ないのですが、格安航空会社よりも便数が多いという特徴があります。
運賃についても格安航空会社のように安くはありませんが、大手航空会社よりも低めに設定されています。
このため、便数や運賃ともに大手航空会社と格安航空会社の中間的な航空会社といえます。
スカイマークと大手航空会社を比較した場合に異なる点として、運賃が安いことと機内サービスが簡略化されていることです。
運賃について見てみると、2017年11日に羽田‐那覇便の正規運賃(片道)を利用する場合、24,190円に設定されています。
早期購入割引(1日前)は21,794円、2日前は18,790円、「いま得」(3日以上前まで)であれば最低9,600円〜29,600円に設定されています。
これに対してANAであれば正規運賃が46,090円、特割であれば25,190円〜37,290円、旅割(21日〜75日前まで)であれば9,990円〜30,290円に設定されています。
1万円を切る値段でチケットを購入したい場合、ANAであれば21日以上前までに予約をする必要があります。
2万円台でチケットを購入したい場合でも、特割や旅割の一部の便を選ぶ必要があります。
これに対してスカイマークであれば、当日または前日でも2万円台前半でチケットが購入でき、3日以上前であれば1万円以下の料金でもチケットが購入できる可能性があります。
2〜3ヶ月前の早い時期だけでなく、当日または数日前に予約手続きを行って搭乗する場合でもお得になるように設定されています。

チケットを安く一般的に機内食は高いけど…ビジネスマンにもおすすめ