スカイマークの特徴と上手な活用方法

ビジネスマンにもおすすめ

スカイパックツアーズ

チケットを安く一般的に機内食は高いけど…ビジネスマンにもおすすめ

これに対してスカイマークの機内で飲食物をオーダーした場合、ソフトドリンクは100円ですが新発売のキャンペーン商品であれば無料で提供されます。
軽食は飴は無料でその他のお菓子は100円または200円です。
新発売のお菓子が無料で配布される場合もあります。
アルコール類ですが、缶ビールが1本300円または400円で、ワイン(神戸ワイン)も300円で提供されます。
ソフトドリンクやアルコール類の値段は自販機と同じように低めに設定されています。
ちなみにANAの国内線の機内で有料のドリンクサービスを利用する場合、アルコール類は500円〜600円に設定されています。
機内で500円を支払って缶ビールを飲むぐらいなら、移動中は我慢して出発前か到着地で空港の外の自販機で購入して飲めば半額で済みます。
これに対して缶ビールが1缶300円であれば自販機やコンビニで購入するのとほとんど変わらないため、機内でもゆっくりお酒を楽しむことができます。
大手航空会社やLCCよりも安い料金で機内サービスが利用できるというメリットがあります。
LCCは航空チケットの値段が格安ですが、関空などの不便な空港から就航しています。
これに対してスカイマークは成田や関空などの交通の便が悪い場所には就航しておらず、神戸や羽田などの便利な空港に就航しています。
スカイマークはチケットや機内サービスの料金が低く抑えられている上に便利な空港から利用できるので、ビジネスマンにおすすめの航空会社です。